【後期型 ウェイクOEM】トヨタ ピクシスメガ(L700A/L710A型)

ウェイク

ピクシスメガはトヨタのトールワゴン型軽自動車。ダイハツ・ウェイクのOEMモデルである。本稿では2016年5月マイナーチェンジ以降を後期型とし、これを扱う。

LA700A_last (5)

画像参照元:Goo-net

概要

2015年7月登場のピクシスメガ。トヨタの軽自動車はすべて子会社のダイハツからOEM供給され、名前も「ピクシス○○○」とかならずピクシスの名前が付く共通点がある。

そのピクシスシリーズに2015年7月、売れ筋のタントよりもさらに背の高いウェイクをOEMとしたモデルが追加された。それがトヨタ・ピクシスメガである。

ピクシスメガはピクシス エポックに続いて第4弾のOEMモデルとなり、トヨタの軽自動車では初のスーパーハイト系ワゴンとなった。

ピクシスメガではダイハツ・ウェイク同様に様々な生活シーンで活躍できるクルマを目指し、「視界の良さ」と「広々とした室内空間」をキーワードに開発。

室内高は軽自動車トップレベルの1455mmを確保し、大人4人がゆったりと乗れる室内空間を確保。一方で全高1835mmの車両を安定させるため、「ファン&リラックスドライブコンセプト」としてフロントアブソーバーロッドやリヤアブソーバーのサイズアップによる高剛性化で安定性を向上。さらにウレタンバンプスプリングやスタビライザーの標準採用でコーナリングのロールを低減している。

また、少しでも重心を低くするためにルーフパネルを薄くし、外板を樹脂化することで重心より上のパーツを軽量化。同年代のダイハツ・3代目タントより85mm全高がアップしたにも関わらず、重心高は10mmアップに抑えた。操縦安定性を実現した。

wake_rageege1.jpg

また実用性の面では「ミラクルラゲージ」として、後部座席後ろのラゲッジルームに約90Lの「大容量ラゲージアンダートランク」を設定。ゴルフバッグやスノーボードなど立てて積めばリアシートを倒すこと無く長物を積載可能とした。

また、シートは撥水加工が施されたフルファブリックシートとし、背面は塩化ビニール加工で汚れや水濡れも簡単に拭き取り可能に。これ以外では車内の隅々に収納スペース(ポケッテリア)を設け使い勝手を向上させた。

エンジンはKF型エンジンにミライーステクノロジーからクールドi-EGR(※自然吸気エンジンのみ)、CVTサーモコントローラー、エコ発電制御などを適用。1トン近い車重ながら自然吸気エンジンのFFで25.4km/L(JC08)、一番悪いターボの4WDでも23.2km/L(JC08)の低燃費を実現。さらにエコドライブアシストを全グレードで備えドライブ面でも低燃費をサポートする。

自動ブレーキとしてはスマートアシストをグレード別に設定。横滑り防止装置のVSC&TRC、エマージェンシーストップシグナル、SRSサイドエアバッグは全グレードで標準装備とした。

後期型・ピクシスメガの改良点と前期との違い

後期型マイナーチェンジ

LA700A_last (7)

そのピクシスメガはウェイクと同時期となる2016年5月のマイナーチェンジでフロントデザインの変更を伴い後期型となった。

後期型では新デザインのフロントフードガードフィッシュを採用したほか、フロントとリアバンパーガーニッシュをボディ同色化。フォグランプは全グレードで標準装備とした。

内装ではLグレード以上でオーディオパネル、カップホルダー、センタークラスターに加飾を与えた。ボディカラーもミストブルーマイカメタリックとフレッシュグリーンメタリックの新色を追加し、ホワイトルーフの2トーンカラーのバリエーションも増やした。

また、自動ブレーキのスマートアシストは、カメラ、レーザーレーダー、ソナーセンサーの3つのデバイスからなる「スマートアシストⅡ」にバージョンアップ。

従来のスマートアシストの機能に加え、 衝突回避支援ブレーキ機能の作動範囲拡大や衝突警報機能の歩行者検知、車線逸脱警報機能を追加し安心・安全性能を向上させた。

2017年12月・一部改良

2017年12月の一部改良ではスマートアシストがバージョンアップし、「スマートアシストⅢ」に。歩行者検知による緊急ブレーキ、オートハイビーム、コーナーセンサーの追加などが標準装備化された。

2020年2月・仕様変更

2020年2月の仕様変更ではボディカラーの入れ替えを実施。それまでの「フレッシュグリーンメタリック」、「ミストブルーマイカメタリック」、「ブルーマイカメタリック」の3色を廃止。

入れ替えで「レイクブルーメタリック」を追加。2トーンカラーも上記3色の組み合わせを廃止し、入れ替えで「レーザーブルークリスタルシャイン」の組み合わせを追加した。

2020年6月・一部改良

2020年6月の一部改良では新規ボディカラーとして「レイクブルーメタリック」を追加。

2020年9月・一部改良

2020年9月の一部改良ではさらにボディカラーの設定変更が行われ、「パールホワイトIII」が「シャイニングホワイトパール」へ差し替え。2トーンカラー選択時のルーフ色である「パールホワイトⅢ」も「シャイニングホワイトパール」へ変更となった。

2021年5月・一部改良

2021年5月の一部改良ではオートライトが全グレードに標準装備&運転中は常時作用する仕様へ変更。

ダイハツ・ウェイクとトヨタ・ピクシスメガとの違い

ウェイクとピクシスメガとの違いはほとんどなく、フロントグリル内のエンブレムデザインやリアゲートのエンブレムと車名エンブレム。加えてステアリングのオーナメントがダイハツマークからトヨタマークへ変更となる程度。

一部ボディカラー(フェスタイエローがダイハツ版では後期で非設定だがトヨタ版では継続設定など)の設定が異なるものの、グレード構成や新車価格もまったく同じなため、「エンブレムが違う兄弟車」というイメージすると良い。ただし、トヨタの軽全般に言えることだがダイハツに設定のある特別仕様車の設定が一切無い。

そのためダイハツ版(ウェイク)の前期に設定のあった特別仕様車(ファインセレクション波伝説バージョンモンベルバージョン)は一切設定がなかった。

が、ウェイクの2016年5月マイナーチェンジ時にそれまでの特別仕様車らを集約しカタロググレード化した「レジャーエディション」が追加。トヨタ版でもカタロググレードとして販売されている。

ちなみにウェイク後期型で追加設定された特別仕様車、「VS SAIII」や「LスペシャルリミテッドSAIII」、「GターボリミテッドSAIII」などはピクシスメガ側には設定が一切なかった。

が、ウェイクの2016年5月マイナーチェンジ時にそれまでの特別仕様車らを集約しカタロググレード化した「レジャーエディション」が追加。トヨタ版でもカタロググレードとして販売されている。

ちなみにウェイク後期型で追加設定された特別仕様車、「VS SAIII」や「LスペシャルリミテッドSAIII」、「GターボリミテッドSAIII」などはピクシスメガ側には設定が無い。

トヨタ・ピクシスメガの生産終了と後継モデルについて

ダイハツ・ウェイクのOEMである、「ピクシスメガ」はトヨタディーラーへの取材により2022年8月11日に生産終了することが判明している。

直接的な理由は不明だが、OEM元のダイハツ・ウェイクの販売不振にあるものと当ブログでは推測している。

ピクシスメガの販売を終了すると、トヨタディーラーではタントなど背の高い乗用タイプでハイトワゴンの軽自動車の取り扱いが無くなってしまうが、今後は後継モデルとして直近でフルモデルチェンジした新型「アトレー」のOEMモデルが誕生するものと思う。

エクステリア

LA700A_last (6)

フロントデザイン。後期型では自然吸気エンジンとターボエンジンでフロントフェイスが差別化された。

自然吸気エンジン(LとDグレード)ではそれまでのプロジェクターヘッドライトを辞めてオーソドックスなマルチリフレクターヘッドライトに変更(※ウェイクをベースとした商用モデルのハイゼットキャディーと同じタイプ)。グリル(フロントフードガーニッシュ)もブラックを基調としたものに変更しベーシック感を強めた。

トヨタ仕様としての変更点は前期型と同じくエンブレムのみ。ただし、ウェイクが専用のマークに対し、トヨタ版ではオーソドックスなトヨタロゴエンブレムとなる。

LA700A_last (6)

ターボ仕様の前期型では凝った作りのグリルとなっていたが、後期型ではウェイク・ファインセレクションのようなシンプルなグリルデザイン変更された。Gターボグレードは前期と同じヘッドライト。内部にLEDヘッドライト(ロービーム)を採用している。

このヘッドライトはハイロー独立式に外縁はポジションランプとしてLEDクリアランス付きとなり、新規に後期型ではフォグランプもLED化された。これに自然吸気エンジンと同じ新デザインのフロントフードガーニッシュをメッキ化したものを装着。それまでのイメージとは一新し、シンプルかつスタイリッシュな顔つきとしている。

これ以外では全グレード共通でバンパー部のフロントバンパーガーニッシュをそれまでのホワイトからボディと同色化。さらに全グレードでフォグランプを標準装備とし質感を向上させた。

LA700A_last (2)

なお、このLEDヘッドライトはオプションとしてLグレードやDグレードでも選択可能だ。

LA700A_last (7)

サイド。このあたりは特に変更点はなし。新ボディカラーとして「ミストブルーマイカメタリック」「フレッシュグリーンメタリック」の2色とオプション設定で5色のツートンカラーが設定された。

セキュリティーアラームは全グレードで標準装備。スライドドアは両側に設けられるが、タントのようなセンターピラーレスとはならず、従来通り。また、電動パワースライドドアはLグレードとGターボに標準装備され、ワンタッチオープン機能と予約ロック機能を備える。

LA700A_last (13)

足元は最廉価のDグレードで14インチスチールホイール+フルホイールキャップ。L700AとL710Aのタイヤサイズは155/65R14。

LA700A_last (1)

ベーシックなLグレードでは14インチアルミホイール。

LA700A_last (3)

GターボグレードではLグレードよりもスタイリッシュな14インチアルミホイールとなる。

LA700A_last (15)

なお、前期デザインの15チンチアルミホイールは新設の「レジャーエディション」に標準装備となった。

リア。後期型ではリアバンパーガーニッシュがフロント同様にボディと同色化された。これ以外は特に変更はなく前期型と同じ。エマージェンシーストップシグナルを全グレードで標準装備する。

トヨタ仕様としては前期と同じくトヨタロゴエンブレムとピクシスメガエンブレムへの変更程度となる。

エンジン・機能装備・安全装備など

LA700A_last (14)

エンジンはKF型3気筒DOHC自然吸気エンジンとKF型3気筒DOHCインタークーラー付きターボエンジンの2種類を設定。エンジンまわりは特に改良点はなく、前期型と同じとなる。

自然吸気エンジンでは最高出力52ps(38kW)/6800rpm、最大トルク6.1kg・m(60N・m)/5200rpm。

LA700S_last (5)

ターボエンジンでは最高出力64ps(47kW)/6400rpm、最大トルク9.4kg・m(92N・m)/3200rpmを発生する。

このほか、ミライーステクノロジーからクールドi-EGR(※自然吸気エンジンのみ)、CVTサーモコントローラー、エコ発電制御などを適用。1トン近い車重ながら自然吸気エンジンのFFで25.4km/L(JC08)、一番悪いターボの4WDでも23.2km/L(JC08)の低燃費を実現。また、エコドライブアシストを全グレードで備えドライブ面でも低燃費をサポートする。トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WD。

自動ブレーキとしては前期型からバージョンアップし、 衝突回避支援ブレーキ機能の作動範囲拡大、衝突警報機能の歩行者検知機能、車線逸脱警報機がプラスされた「スマートアシストⅡ」をグレード別に設定。横滑り防止装置のVSC&TRC、エマージェンシーストップシグナル、SRSサイドエアバッグは全グレードで標準装備とした。

ピクシスメガL700AとL710Aとの違い・悪路などオフロード走行などの注意点

ピクシスメガのL700AとL710Aの違いは駆動方式。L700Aは前輪を駆動するFFのピクシスメガ。L710AはFFのピクシスメガをベースに全部のタイヤを駆動する4WDのピクシスメガ。

ただし4WDに関してはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるビスカスカップリングを用いたパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

また、レジャーユースを想定したピクシスメガだが、その最低地上高は140mmとかなり低め。クロスオーバーSUVのスズキ・ハスラーが180mm、ライバルのダイハツ・タフトが190mmでその差がかなりある。またタイヤサイズもハスラーやタフトが15インチに対してピクシスメガが14インチと一般的な軽自動車のサイズとなっている。

このため4WDといえども例えばスキー場に行く際に雪道を走る場合、除雪が行き届いていない道路を走るとハスラータフトよりもお腹が支えてスタックする確率が高くなる。悪路走破性は普通の軽自動車となんら変わらないと思って良い。

インテリア

LA700A_last (8)

インパネ。後期型ではDグレードを除いてオーディオパネルとカップホルダーをプレミアムシャインシルバー、センタークラスターをプレミアムシャインブラックで加飾。質感を向上させた。

なお、6代目ムーヴなどで採用された「D assist切替ステアリングスイッチ」や「チルトステアリング」、「運転席シートリフター」は「ドライビングサポートパック」としてDグレードを除いてオプション設定される。トヨタ仕様としてはステアリングのロゴエンブレムとインパネトレイのロゴマークの変更程度となる。

LA700S_last (27)

Dグレードではマニュアル式エアコン。LとGターボグレードではオート式エアコンとなる。

LA700S_last (9)

スピードメーターもDグレードとLグレードではタコメーター無しのシンプルタイプ。

LA700S_last (13)

XとGターボではタコメーター付きとなる。共に自発光式メーターを採用。

wake_eco_drive.jpg

全グレードでスピードメーター内にエコドライブアシストを表示。通常はブルーで燃費がいいときはグリーンで視覚的に表示する。さらに右上のマルチンフォメーションディスプレイではアイドリングストップ時間、平均燃費、航続可能距離、外気温なども表示。

wake_pokketeria.jpg

さらに「ハイパーインパネ」と名付けられた収納スペースは合計で17ヶ所のフックやポケット、ボックス、ホルダー等を備え普通車顔負けのポケッテリアを備える。

LA700S_last (21)

フロントシートはベンチシートタイプ。前期と同じくレジャー利用を想定してシート表皮はフルファブリックシートとなっている。

LA700S_last (22)

リア。リアシートのスライド機構は240mm確保。

LA700S_last (6)

ラゲッジルーム。リアシートのラゲッジルーム側は塩化ビニール加工が施され、汚れた物を乗せてもすぐに拭き取りやすい仕様になっている。

LA700S_last (7)

リアシートを倒した状態。ここからがピクシスメガ(ウェイク)の真骨頂で、前期型と同じくシートアレンジにより多彩な荷物を積載可能としている。「変幻自在ミラクルラゲージ」を謳い文句にするウェイクでは、シートアレンジやオプションパーツを使うことにより、多彩なアウトドアユースに対応させている。

01_04.png

たとえばサイクリング用途として助手席シートを倒して自転車2台を前タイヤを外さずにそのまま収納できかつ2名乗車を可能としたり、

01_05.png

同様にサーフボード2枚と2名乗車。

01_06.png

アンダーラゲッジスペースを用いてスノーボード4枚を縦に積載&4名乗車。などそれまでの軽の実用性を最大限に特化させた積載能力がウリのひとつとなっている。この手のスポーツやアウトドアをやらない人には興味がないかもしれないが、大好きな人にとっては魅力的な部分である。なお、前期型ではコラボレーションモデルとして、サーフィン仕様を特化させた「波伝説バージョン」、キャンプやアウトドアなどを特化させた「モンベルバージョン」などの特別仕様車も設定されるほどだった。

まとめ

LA700A_last (4)

ピクシスメガの後期型は、刷新された外観と上級グレードでのLEDヘッドライト&フォグランプの標準採用。インパネの加飾など前期型より魅力をアップさせたマイナーチェンジとなっている。

特に自然吸気エンジンではフロントデザインがベーシックな雰囲気となり、それまでコテコテ感のあったデザインから大幅変更されている。この点は好き好きが別れるが前期型のほぼ1択のような外観からみれば選択肢が増えたわけで、人によっては魅力的とみえるかもしれない。

トヨタ仕様ではエンブレム程度の変更のみだが、他のピクシスシリーズ同様に人によってはエンブレム効果によって印象が違って見えたり、軽自動車でもトヨタがほしいという需要が少なからずあるはずである。ピクシスメガはそういった需要の中のレジャーユースを想定した実用的な軽自動車といえよう。

なお、ベースモデルのダイハツ・ウェイクの後期型マイナーチェンジの翌月にはウェイクをベースに2シーターとした商用モデル「ハイゼットキャディー」が発売された。

こちらはリアシートを撤去し完全2シーターとした新しい感じの商用モデルで、ウェイクゆずりの乗り心地の良さやエンジンの静粛性にワンボックスほどではないがそこそこの積載性を併せ持つモデルとなっており、異色な軽自動車として誕生したものの微妙なパッケージングなどからあまり人気が出ず、2021年3月末で生産終了している。

コメント

  1. 俣本 より:

    ピクシスメガのメーターについてですが、Lグレードでもタコメーター無しがありますよ。

タイトルとURLをコピーしました